やる気の見せ場
プロフィール

Saori

  • Author:Saori
  • OLの仮面をかぶったおじさん

    ★絶望先生
    ★自称「腹黒文化系」
    ★心理的ニート
    ★ツンデレを装ったヤンデレ 
    ★自称、永遠の16歳
    ★ヒキコモリ失格中
    ★腐女子のくせにフィギュア萌え
    ★一応オタクのつもりです
    ★一応乙女のつもりです
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裟御狸百物語=w=

06 09, 2005 | 風鳥花月

0 Comments
 もう夏だ!夏と言えば百物語よねぇ~~
 あたしずっと前から「怪談」が大好きで、お化けコンと言ってもいいかな~=w= 昨夜尸魂界サイトで「妖怪尽くし」という日本サイトを発見!お化けの絵や紹介などめちゃ詳しい~おいらの宝庫じゃ!~>////< だと言え、何年前「巷説百物語」というアニメションを見たことがあり、京极夏彦って江戸時代の作家の本物の作品だそうで、めちゃ不思議な話だった。
 その中一番印象深い話は「死体恋」(←今や死体コンってかな=w=)って、ある武士は自分の死んだ妻の死体に情欲を起こる以上、死体を隠したら毎日妻の名前を読んでエロことをしていた。ここまで見ると、「変だけどそれほど妻に愛してで、あんまり嫌わない」と思って、結局事実によって世の中にそういう男が存在しないんだ。間も無く妻の死体を腐っていく、武士はすぐ怖がって、妻の腐った死体を捨てた。でも彼もう「死体コン」になって、死んだ女じゃないのは全然駄目(←なんか「疵」ってBLドラマのある内容が当たるみたい)、仕方ないので武士は別の新鮮な娘の死体を盗んで妻の着物を着せられ、妻として可愛がる。(←妻の名は確か「里」、この男を後に盗んだ死体は皆骸骨だそう~おかしいなあ~)こういう話は「世間無常」という意味を人々に伝えたい、誰でも死んだらただ骸骨になる、たとえ美貌や愛情など何時か散ってしまうかも知れない。と言う訳で、あたしに見るとそうだけど、男の裏切り話も含めた。
 で、中国の怪談話は普通「狐仙」の方が多い、狐は麗しい姫に変身し、男を騙したり恩人に恩返したりして、何とか嫌な妖怪じゃない。そして幽霊と物霊のようなものもある。纏めて言えば、そういうお化けらは皆美人だった、狐だって鬼姫だって蛇だってみんな滅多にない美貌を持つ、醜いのはきっとすぐ死んじゃった。やっぱり美形は王道じゃん~妙な豆話もあるけど、中国の怪談話に腐る死体なんか必ず出てこないんだ、ひょっとして我が国が東洋よりきれいなものがもっと好き?複雑な問題かな~= 。=
 今日ちょっと怖い話をした~まあまあ~では、以上~~
 
スポンサーサイト

« 废柴一日记 「さおり自己地獄アニメ評論文」 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。