やる気の見せ場
プロフィール

Saori

  • Author:Saori
  • OLの仮面をかぶったおじさん

    ★絶望先生
    ★自称「腹黒文化系」
    ★心理的ニート
    ★ツンデレを装ったヤンデレ 
    ★自称、永遠の16歳
    ★ヒキコモリ失格中
    ★腐女子のくせにフィギュア萌え
    ★一応オタクのつもりです
    ★一応乙女のつもりです
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過場動画

01 30, 2007 | 風鳥花月

1 Comments
换皮!此次的主题是披着文艺皮的真WS宅人之家XD
以下是我窝在学校等待考试时消磨时间的产物。
最近还买了须奈蘑氏的DDD来看,关键词是穷倒没有钱做封面和怒涛人生。
有朝一日能看完的话就来写感想TAT

-----------------------------------------------------
この間、こんな小説を読んだ。

「神栖麗奈は此処にいる」
kamisu1

御影瑛路の絶望系小説第一弾。
前もちょっと喋ったが、おかしいくらいの美しさを持つ神栖麗奈は実在するかどうかすら分からない人物である。
あるいは「現象」である。
つらい目に遭ったあなたにとても都合がよく未来を導いたいつも微笑んだ現象である。そして、彼女を導いてくれた先は常に「死亡」だった。
あたしにとって一番ショックを感じる段落は恐らく最後の書き下ろし。あの「私の大好きな先輩が、神栖麗奈先輩が」という台詞はホンマに世が末だと思ってた。
絶望系としてはかなり素晴らしい作品と思う。結構シンプルな言葉を使って繊細な心理活動をうまく描写した。とりわけ自殺する直前の心理活動はとても上手いと思う。

「神栖麗奈は此処に散る」
kamisu2

前作の続き。昔純聖和学院の集団自殺事件の真相と神栖麗奈の正体を披露された神栖シリーズ最終章。
前よりやや詰らないと思う。重ねあっていた段落がちょっと多すぎ。
それにお兄さんの章もなんだかわけ分からない感じが出た。
でもやはり絶望系、絶望という点だけは前より深くなったかもしれない。何故かと言うと、神栖麗奈自身の跳びよりとその信者の集団自殺(彼女たちには神栖さんの後を追っていたか)の血まみれのシーンは悲惨すぎる。(ーー;)
とにかくそれは暗くて暗くて読んだら「世界が美しい」と思い始める作品だ。

「嗤う伊右衛門」
嗤う伊右衛門

京極夏彦の作品。
はじめてこの本を知るのは映画化だった。なのに見たことが全然なし。
ある日学校のボロ図書館で突然京極コーナーを発見!「後巷説百物語」まで並んでるよ何という図書館だ・・・
京極氏の小説は思った通り読み難い。表の文字のことでなく、その伝えたいことを掴むのはなかなか難しい。っていうか、そんな抽象的な話は例え中国語でもかなり時間がかかる読み物だ。三年前「巷説百物語」を見た時もずいぶん困ったな。
一応「四谷怪談」のことで、一般的お岩中心から伊右衛門の心理活動で進んだストーリ。良し悪しはあんまり言えないけど、京極氏の作品を読めるようになるまで、またまた道が長い(゚-゚)

「三年Z組銀八先生」
20070201110927.jpg

銀魂の小説版。
また漫画通りの激烈爆笑青春学園大活劇。(いや、あれは青春とはいえないだろうか、どこのおっさんもいるし・・・)
新八の突っ込みはやっぱりいっぱいいっぱい。(っや、突っ込みがないとこのキャラの存在も無意味でしょう・・・)
まあ、つまり銀魂っぽいの作品で、授業中のこっそり読みだけは推薦しませんけど。
スポンサーサイト

« 転落電波 波澜年代 »

- Comments
1 Comments

鱼头鱼头鱼头~在那边好伐?

by chunzi | 02 01, 2007 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
1 Trackbacks

怪談の例皿屋敷(播州皿屋敷、番町皿屋敷など)四谷怪談(東海道四谷怪談など)小泉八雲『怪談_(小泉八雲)|怪談』所収ろくろ首耳無し芳一雪女のっぺらぼう|むじな牡丹燈籠(灯篭)累ヶ淵|真景累ヶ淵おいてけ堀八反坊鍋島藩の化け猫騒動学校の怪談 - 都市伝説に近い面がある。

URL | 03 10, 2007


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。