やる気の見せ場
プロフィール

Saori

  • Author:Saori
  • OLの仮面をかぶったおじさん

    ★絶望先生
    ★自称「腹黒文化系」
    ★心理的ニート
    ★ツンデレを装ったヤンデレ 
    ★自称、永遠の16歳
    ★ヒキコモリ失格中
    ★腐女子のくせにフィギュア萌え
    ★一応オタクのつもりです
    ★一応乙女のつもりです
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼岸盡

04 23, 2007 | 一日一善

0 Comments
忽然夢到了初次暗戀的男生。
夢中他轉過身來對我微笑,還說了些什麽。看到他的臉我忽然有種放下了一切的感覺,於是不禁哭起來,卻不想他看到我哭泣的臉,便用雙手遮住臉頰。他走過來,伸出雙臂輕輕地環抱我。我還能記得那溫暖,他用鄉音在我耳邊說,別哭了,別哭了,什麽都不用怕。
那是一個很長情節很複雜的夢,醒來后卻只能記得有關他的那一段。想來我已經有3、4年沒有見過他,若是對話的話恐怕已經相隔近十年。是到如今毫無對方的音信。卻斷斷續續地在夢中回想起他來,即使面貌模糊,任仍然懷念到潸然淚下。
醒來的一刹那,我望着白色的天花板,腦海裏浮現出一句臺詞。
「も、萌え!」(>Д<)ゝ

斷網的日子只能靠夢來彌補充電不足的萌魂麽!ヾ(゜ロ゜;)ノ

------------------------------------------------
時々自分はだれ、何をしてる、欲しいものはと自分に聞いてみた。
別に答えが出てこなかったけど、意識があればこれからどんどんいけると思う。
「自分は他人と違う。」
傲慢だが、そう考えしなきゃ自分のままでいけなくなるかもしれない。人間というのは自分のことを大切にしなきゃ誰にも愛されないと思う。ああいう散漫な活き方はごめんだ、ある歌詞のように、「私は私らしく」って、みんなに認められなくてもいいから、欲しいものを手に入れ、付き合いたくない人を距離に。
一番幸せな人生って一体なんなだが分かる人がこの世にいないと思う。なら今よりいい人生で行けばいい。どんなに苦しい時も街端に咲いてる花を見たら愛しいと思う人間になりたいんだ。
だから、あんたたちのその浅い価値観であたしのことを批判しないで下さい。
ついでに、今日のいいことは街中で見も知らずの男の子に「可愛い」といわれた。っていうか、その前授業中も後ろに座ってた男の人にエロいといわれた。いったいどっちよ!
スポンサーサイト

« 曼陀羅 彌賽亞 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。