やる気の見せ場
プロフィール

Saori

  • Author:Saori
  • OLの仮面をかぶったおじさん

    ★絶望先生
    ★自称「腹黒文化系」
    ★心理的ニート
    ★ツンデレを装ったヤンデレ 
    ★自称、永遠の16歳
    ★ヒキコモリ失格中
    ★腐女子のくせにフィギュア萌え
    ★一応オタクのつもりです
    ★一応乙女のつもりです
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑中無言

06 30, 2005 | 風鳥花月

0 Comments
 おあああ~~熱すぎ~~っていうか、今のあたしは地獄に生き抜いてるだそうね。
 この二週間は試験週、忙しくない上に、あたし遊びいっぱいだ=w=。
 「あずみ」という上戸彩主役の映画を見ていた。ちょっとおかしいことは翻訳者は「あずみ」が「阿墨」に翻訳した。確か「すみ」は「墨」だけど、「あずみ」はどうやら「安曇」あるいは「安住」なんか、「阿墨」はやっぱり「おすみ」でしょう。
 これはまた戦国時代の刺客の物語で、あずみという若い娘は徳川家の家臣を育った人間兵器っていう感じの刺客だ(実はあずみたちは一体どちらの為に人殺ししてるか今まで分からない~翻訳もよくないし、日本の戦国歴史が弱いだからねぇ~)、あずみは十人の仲間に最強の存在で、まるで夜叉のような強さと汚れも知らずの清純な瞳を持っている女の子。両手に血を染めて、心に愛を持つ。
 これは「Death or Love」
 「あずみ」の第二部に栗山千明を演じした上野甲賀衆の娘も出て来た、あの時一度何故この子を主役じゃないかと疑問をした、だけど、映画を見て終ったら、千明ちゃんは艶やかなタイプで、「あずみ」のその野薔薇の気質が持っていないと思ってた。と言う訳で、
 この剣を持つ時鬼になる、はいきなり涙を出て、実は子供だった娘は彩が立派に演じていた。
 
 そのほか、「銀のレクイエム」という古いCD Dramaを聴いて、何度と泣き出しの悲しい話だった。ついさっきは「幽媾」っていう映画も見た、なかなか微妙なストーリだけど、中国のある村にまだ残っている風俗「冥婚」を中心として三人の主人公のことを演じした。
 
 これは「あずみ」のポスターです~
poster.jpg



 
スポンサーサイト

« 断线 アニメ鑑賞絵日記その二 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。